WiMAX2+の凄さは使えば分かる!

ipad-605420_640

WiMAXはホントに料金がリーズナブルだと言えるのか?契約のメリットや意識すべき事項を取りまとめ、流行りの格安SIM等とも比較した上で、「ホントに買うべきなのか?」についてお話させていただきたいと思います。

「ポケットWiFi」というネーミングはソフトバンクの商標ではあるのですが、総じて「3G回線であるとか4G回線を使ってモバイル通信を行う」際に要される「手のひらサイズ」のWiFiルーターのことを指すと言えるでしょう。

モバイルWiFiを持ちたいという希望があるなら、月毎の料金やキャッシュバックなどについても、完璧に認識している状態でチョイスしないと、その内必ず後悔する羽目になります。

オプション料金は徴収されますが、WiMAXのエリア圏内に入っていなくても、高速で人気のあるLTE通信を利用することができる機種も販売されているので、はっきり言ってこのWiMAX機種1台所有していれば、日本国内どこでもモバイル通信ができます。

モバイルWiFiの月間の料金は最低でも2000円台となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックをセールスポイントにしているところが存在するのです。この金額を全コストから減算しますと、実質経費が出ます。

モバイルルーターに関することをいろいろ閲覧していると、毎回目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。プロバイダーの中には、4万円に達するかという位の高額なキャッシュバックを準備しているところもあるのです。

cup-2218405_640

WiMAXモバイルルーターというものは、契約するに当たり機種を選択でき、ほとんどお金の負担なくゲットできます。ただし選定の仕方を間違えてしまいますと、「利用しようと思っていたエリアがサービスエリアに含まれていなかった」ということが少なくありません。

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが売っているすべてのWiFiルーター」というのが本当のところなのですが、「場所を選ぶことなくネットを行える様にしてくれる端末全部を指す」のが通例です。

全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダー別に月額料金は変わるのが常識です。当サイトでは、人気を博している機種を“料金”順でランキング化していますから、比較しやすいのではないでしょうか?

モバイルWiFiを使い続けるなら、できるだけ出費を抑えたいと思うのではと考えます。料金につきましては月々納めなければなりませんから、仮に数百円前後の違いであろうとも、年間にしますと結構な違いが生まれます。

ポケットWiFiと言いますのは携帯と同様で、1つ1つの端末が基地局と繋がることになりますから、面倒くさい配線などは不要なのです。ADSL又はフレッツ光を申し込んだ時みたいなネット接続工事も一切不要だと言えます。

ワイモバイルというのは、auなどと同様に自分のところでモバイル用通信回線を保有し、その回線を用いたサービスをマーケット展開するMNOで、SIMカードのみのセールスも実施しています。

keyboard-561124_640

スマホで繋げているLTE回線と形上違うという部分は、スマホはそれそのものがストレートに電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターで電波を受信するという部分だと考えていいでしょう。

LTEに勝るとも劣らない高速モバイル通信をすることができるWiMAXという通信規格も今の流行りです。一般的にノート型PCなどで使用するという人が多く、「時間や場所を厭わずWiFi高速通信に接続可能!」というのが最大の利点だと思います。

今現在WiMAXのセールス展開をしているプロバイダーは大小合わせ20社程度あり、プロバイダーそれぞれキャンペーン特典の内容であったり料金が異なります。このページでは、注目を集めるプロバイダーを3社ご紹介しますので、比較してみることをおすすめします。