WiMAXは現実に料金がリーズナブルなのか…。

私の方でワイモバイルとWiMAXという評価の高い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1カ月毎の料金などを比較してみましたが、上位機種に関しての下り最大速度を除いた大体の項目で、WiMAXの方が上を行っていることが分かりました。

WiMAXについては、本元のUQのみならず、MVNOと言われている会社が提供しています。無論速度とか通信エリアが違っているということは皆無ですが、料金やサービスは違っています。

一ヶ月のデータ通信の制限設定のないWiMAXギガ放題の各種料金を、すべてのプロバイダーを対象に比較して、有益な順にランキング一覧にしました。月額料金だけで決めてしまうと、あとで後悔します。

WiMAXは現実に料金がリーズナブルなのか?所有のメリットや気を付けるべき事項を整理し、高評価の格安SIM等とも比較した上で、「確かにお得なのか?」についてお伝えしたいと思います。

WiMAXの毎月毎月の料金を、なるだけ安く済ませたいと考えながらお得な情報を探しているのではありませんか?そうした方の為に、ひと月の料金を安くするための秘策をご紹介させていただきます。

ワイモバイルが市場展開しているポケットWiFiは、規定の通信量をオーバーすると速度制限が実施されます。なお速度制限を受ける通信量は、使用端末毎に異なっています。

WiMAXモバイルルーターについては、持ち運びできるようにという目論見で開発された機器ですから、ズボンのポケットなどに容易に納まる小型サイズでありますが、利用する時はその前に充電しておくことが必須です。

WiMAXをレベルアップした形で登場することになったWiMAX2+は、従来型の3倍という速さでモバイル通信が可能なのです。その上通信モードを変更すれば、WiMAXとWiMAX2+だけじゃなく、au 4G LTE回線も利用できる様になっています。

モバイルWiFiの月額料金を殊更低い金額にしている会社をリサーチしてみますと、「初期費用がべらぼう」です。それがあるので、初期費用も入れて選定することが大事になってきます。

まったく同種のモバイルルーターであったとしても、プロバイダーそれぞれで月額料金は違ってきます。こちらのサイトでは、人気抜群の機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますので、比較してご覧いただきたいと思います。

各々のプロバイダーでキャッシュバックされる時期は違っています。実際に入金される日は何か月間か経過した後となるので、そういったところも理解した上で、どのプロバイダーで入手するのかを決める様にしてください。

Y!mobileあるいはDoCoMoだったら、3日間で1GBという容量を超過してしまうと、規定の期間速度制限が行われますが、WiMAX(ノーリミットモード)だとしたら、そうした制限は存在しません。

モバイルWiFiの月毎の料金は概ね4000円程度ですが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを敢行しているところが見られます。この額をトータルコストから差し引いたら、実質経費が出ます。

YモバイルもしくはDoCoMoにおいて決められている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBという通信量はPCなどで動画を視聴しますと、およそ2時間で達してしまうことになり、そのタイミングで速度制限が適用されることになります。

マイホームだったり戸外でWiFiを使いたいと言うなら、モバイルWiFiルーターが不可欠だと言えます。その代表格であるWiMAXとワイモバイルを様々に比較してみたので、よろしければ目を通して頂ければと思います。都市部の人口カバー率99%!WiMAXのおすすめプロバイダ:http://wimax-search.info/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です